トップへ
ブログロゴ

職業、挑戦者

vol. 5504   


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ファミマ改革

友人が薦めていたので
すぐに購入したのが
こちらの一冊


職業、挑戦者
澤田貴司が初めて語る
「ファミマ改革」

フリースブームを作り
ユニクロを急成長させた
澤田貴司さんが就任された
ファミリーマート

成長の踊り場に差し掛かる
コンビニの経営を
どのように変革していくのか?


を書いた一冊






ドラマのように面白くて
一気に読んでしまいました!


あー面白い本だったな。。。


と思い
本棚に置こうと思った瞬間
あーマズイマズイ!と
思い直しメモを取り出しました

◆ビジネス書の読みかた

面白い本を読んでも
そのまま本棚に置くと
開くことは2度とありません・・

大事なのはそのあと
良い本を読んでも
行動が変わらなければ
読んでいないのと同じ

小説の場合は違いますが
ビジネス書の場合は
行動に落とし込んで初めて
意味があると思うのです

何かの本で読んだのですが
アメリカのMBAの学生は

 1)
 本をひらく

 ↓

 2)
 目次を見る

 ↓

 3)
 自分なりの疑問点を考える

 ↓

 4)
 その疑問点を解決するために
 本文を読む

そんな順番で読むそうです

ただ単に文字を追うのでなく
テーマを持って読むことで
より意味のある読書にする

そうすることで
本を読む意義が
より出てくると思うのです

◆意味付けをしよう!

でもこれは
読書以外でもそうですよね

日々起きる様々なことを


そのまま流すのか?
なにか意味を感じるのか?



これは自分次第で
どのようにでもなる

意味のないことは起こらない
起こったことに意味づけは
自分しだいです



今年も
もう少しで終わりますが
起きる出来事に意識を向け
流さないよう過ごします



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive