トップへ
ブログロゴ

経営者の服選びは守破離。まずはマネから入り、自分の見栄えを作りあげよう!

vol. 5527   






息子のオオカミ少年事件で
娘と二人っきりの数日間

お父さんとしては
すごくシアワセな時間ですが(^o^)
困ったのが食事

というのが
私はゴハンをまったく
作れないのです・・・・





 ひとり暮らし歴は
 けっこう長くて約20年ほど

 でもその期間のなかで
 自炊したのはなんと2.3回・・・
 それも大学1年生のころ

 家で珈琲すら
 いれたことはありません
 作るのといえば
 カップラーメンくらいw





ニューズレターの特集で
料理を毎年しているのですが
妻が材料用意してくれないと
まったくなにも出来ません・・・

そんな私が娘との数日を
どう過ごせばいいのか・・・
夜はどこかいくとして
朝から連れてはいけない・・

コンビニで買ってくるか・・
と思っていたら娘が一言

パパ、私が作るよーー

2年生になる娘
いつのまに出来るようになったの・・

ママがこうしてたから!
と見よう見まねで見事に
作ってくれました(^o^)

いやー感動しましたね。。。

◆ママのマネ

ママの作るのを見ていて
真似したらできた!

と娘は言っていましたが
マネから入るって
何でも大事ですよね


とりあえずマネてみる



服選びなんかまさにそう
素敵にみえる人の
マネをしてみると自然と
着こなしがうまくなります




シャツとネクタイの合わせ方
スーツの色の選び方

スラックスのシルエット




こうしたことを
意識して見るようにすると
見えかたが変わります!


服って結局のところ
「色と形」のくみあわせ



自分の黄金パターンの色形を
何個か持っておけば
着こなしに困らなくなります

◆アズーロ・エ・マローネ

業界用語で
アズーロ・エ・マローネ
というものがあります

これはイタリア語で

アズーロ▶紺色
エ▶and
マローネ▶茶色

訳せば 紺色and茶色

紺と茶の組みあわせは鉄板!
という意味です

たとえば・・・






 紺スーツに茶ネクタイ

 茶スーツに紺ネクタイ

 紺ベースに茶の模様が
 入っているネクタイ

 茶ベースに紺の模様が
 入っている生地






この紺と茶のタッグは
色の組み合わせとしては
間違いないものになります

◆服選びも守破離だ!

着こなし力は
すぐには上手くなりません
仕事力がすぐ上がらないのと
まったくおなじです

でもマネをすることで
上達スピードはあがります

服なんてどうでもいいよ・・
という人も中にはいますが
これはすごくもったいない

装いや外見にはその人の
美学や人生における哲学が
如実にあらわれるもの

生きかたにこだわる人で
見栄えにこだわらない人に
会ったことがありません

生きかたにこだわる人は
「自分の魅せかた」にも
強いこだわりがあるのです

服選びも守破離

まずはマネから始め
自分のオリジナルを
作り上げていきましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive