トップへ
ブログロゴ

痛いオッサンにならないための5つの秘策

vol. 5529  






年があけて早くも3週間
毎朝の4時おきを
なんとかつづけています・・・

4時に起きるため
最近は21時には寝ています
19時には眠くなりはじめ
21時には耐えられなく就寝

家族のだれよりも
早く寝る生活

21時に寝る義父を見ていて
年とると早く眠くなるんや・・
と思っていたのですが
義父とまったく同じ行動




おじいちゃん化が
止まらなくなっていますw

今年の夏で49歳

自分の感覚としては
ぜんぜん変わりませんが
世間的には完全なる
中年のオッサンです。。。。

◆オッサンくさいのはイヤだ!

自分も中年のオッサン。。。

年齢を重ねるのはいいですが
考え方や見栄えが
オッサンくさくなるのは
なんとしても避けたい

つねに何かに挑戦し
自分の見栄えを気にする心を
失いたくないですよね

そんなことを思っていると
「8割が遭遇する中年の危機 」
という記事を目にしました

中年の危機とは
人生ピークを過ぎたと感じた
40~60代の人が
心に変調を起こすというもの

これをさけるための
5つの方法も提示されています

【1】
新しい人間関係

仕事以外の人間関係
地域活動や祭りなどに参加し
新しい人間関係を作ると
新しい役割を発見できる

【2】
違う世代との交流

親、子世代とつながり
自分にできることをする
誰かのために尽くすことで
頑固ジイさんにならない

【3】
趣味を楽しむ

無心に没頭できる趣味は
脳を若々しく保ってくれる

【4】
自分の変化を確認する

好きだった小説や映画を見直す
昔とは違った見方に気づき
自分の変化を確認できる

【5】
体を鍛える

筋肉を鍛えると
チャレンジングホルモンの
テストステロンが分泌される

らしいです・・・

まあ確かに・・
ぜんぶうなづけますね・・・

でも
こうした記事に反応するのは
年を重ねている証拠ですがw

考えかたも見た目も若々しく
素敵に年齢を重ねていきます!




この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive