トップへ
ブログロゴ

カッコよく見えるアラフォー、アラフィフの服選びのコツ

vol. 5530  




2回目の緊急事態宣言で
リモートワークが
推奨をされていますね





 イルサルトは
 1日3組限定なのですが
 ご予約がすべて午後の日も
 なかにはあります

 そんな日は
 午前中は家で仕事し
 午後から出社

 私の性格的に
 寝間着のままでは
 仕事スイッチが入りません・・・

 着替えてはじめて
 仕事モードになるのですが
 家で仕事するときに
 ネクタイまでは・・・・






そんなときに便利なのが
ジャケット+ニット

ジャケットを着ることで
きちんと感が出るので
仕事モードになります


シャツ・ネクタイほど
かちっとしていないので
自宅での仕事にピッタリ!



オンラインで
セミナー受講する時なんかも
このジャケット+ニット
がすごくベンリなのです(^o^)

◆着くずしを攻略する

長いあいだ
スーツ ・ シャツ・ネクタイ
で仕事してきた人の中には
こうした「着くずし」
難しいと感じる人もいます





 たしかにある意味
 スーツ ・ シャツ・ネクタイ
 は組み合わせがすごくラク

 色の組み合わせが
 よっぽど変でないかぎり
 なんとかなります

 しかし着くずした装いは
 色だけでなく形の組み合わせも
 考えないといけないので
 テクニックが少し必要です






でもその場合でも
ジャケットを基本にすると
攻略パターンが見えてきます!

◆着くずす2つのテクニック

着くずしテクニックは2つ

1)色は「ひろう」
2)形は「コンパクト」

1の色をひろうとは
ジャケットの色を
1色ひろってつかうこと



インナーの色を
ジャケットの色を使うことで
関連性ができて
まとまりやすくなります




↓であれば
ジャケットに使われている
ブルーをインナーニットに
もってきています

2の形をコンパクトには
オーバーサイズで
ゆったりと着ないこと

ゆったりサイズを着て
サマになるのは若い世代だけ



 アラフォー、アラフィフで
 ゆったりサイズを着て
 かっこよく見せるのには
 相当の技術が必要です

 一般的な服力の人が
 ゆったりサイズをきると
 だらしなくしか見えません・・

自分で着たときに
ちょっとゆったりかな!
と感じるサイズは
人から見るとかなりデカイ

コンパクト目のサイズを
必ず心がけてください!

会社にいく機会が減ると
すごく重要になるのが
この着くずしテクニック




スーツを脱いだら残念。。。

そんな人にならないように
服力をあげていきましょう!



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive