トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年3月6日

スーツ離れの時代にスーツ屋としてはどうしたらいいんだろう

vol. 5571   




3日間の小松出張を終え
昨晩おそく神戸にもどりました



こうした状況のなか
3日間がほぼ予約でうまり
お越しいただいたお客さま
そして主宰の新谷さんには感謝です!

みなさま
本当にありがとうございました!



約一ヶ月ほどかけ
ご注文をいただいたお品物を
丁寧に仕立てていきますので
ぜひ楽しみにしておいてくださいね(^o^)

そして今朝おきて
ヤフーニュースを見てみると
こんな記事が・・・

もうスーツにはもどれない
紳士服業界の苦境に
拍車をかける意識の変化

まとめると・・・






在宅ワークがふえ
カジュアルを着はじめると
ラクでしかたなくて
スーツを着るのが億劫になる

スーツを着なくてもかまわない
職場も増えてきており
紳士服業界の苦戦がつづく







クールビズやウオームビスで
進んでいたカジュアル化が
コロナでさらにスピードアップ
しているという内容です

◆スーツ市場の縮小

ビジネスマンが会社にいくために
制服のようにスーツを着る時代は
完全に終了しました

スーツ市場も今後
どんどん縮小していくでしょう

スーツだけではなく
服飾業界全体も苦戦しています



そんななか
イルサルトはどうしたらいいのか?

リアルで人に会うことが減り
オンラインで済ませられることは
すべてオンラインに変わっています

わざわざ時間とお金をかけて
行く価値を感じなければ
リアルで会ってもらえない





人と会うことが価値になる






そんな時代になってきています

実際に私も勉強会に参加するときに
リアルに行く価値があるかどうか?
をすごく考えるようになりました


わざわざで会いたいと
思ってもらえるかどうか?


そういう意味でかんがえると
服の力がより大事になっていると
私はかんじるのです

◆価値が伝わる見栄えにする

せっかくのリアルのチャンスに
自分の価値が伝わる見栄えをつくる


制服のようになんとなく
スーツを着るのでなく
自分の想いを装いにこめて
服にも雄弁にかたらせる




こうしたスキルが経営者にとって
非常に重要な力になっています

こうした考えかたを伝え
自分の価値をまとい
よりビジネスが輝くように
経営者に寄りそう

これがやはりイルサルトの役割
だとかんがえています

私自身が服に救われ
服を変えることで
人生が大きく変わりました



人の気分をはれやかにし
自信を生みだし
より毎日が楽しくなる!



服の持つ本当のチカラは
ここにあります


服を通してより豊かな人生を創る
そんなお手伝いをしていきます!














末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。