トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年4月24日

イルサルト的ジャージースーツのすゝめ

vol.5620   




今年開発したジャージースーツ
とにかく柔らかく軽いのが特徴!

ビロンビロンに伸びるので
スーツをきたまま
こんな動きもできるのです(^o^)

これでいつでもどこでも
ゴルフの練習ができそうです(^o^)






 ただこれだけ伸びるので
 むずかしいのがサイズ感

 タテにもヨコにも伸びるので
 寸法通りに仕上がらないのです・・
 
 既製服のジャージースーツでも
 同じサイズ表記でも
 実はサイズがまったくちがいます

 一般的なスーツほどは
 サイズの正確性は求められないものの
 なかなか指示通りにはあがらないので
 導入には消極的でした。。。






しかし世のなかの流れもあり
イルサルト流にジャージースーツを
アレンジしてみよう!ということで
試験的に仕立て3ヶ月着てみました

そこで分かったことは・・・・

メリット)
とにかく着やすい!

ジャージー素材は
ビロンビロンに伸びるので
ストレスがまったくなく
着ていてとってもラク!

素材感が非常にやわらかく
着ていて心地よい!

デメリット)
膝がでやすい

生地が伸びるぶん
スラックスの膝部分が非常に出やすく
きちんと休ませ伸ばしておかないと
カンタンに型崩れしてしまう

膝部分の型崩れを防ぐために
クリースステッチを施して
伸びなくするのがオススメ

こちらがクリースステッチ
パンツの折れ線に沿って
ステッチがはいっています

着こなしポイント)

通常のスーツにくらべると
カジュアルな雰囲気になるので
一般的なネクタイだとあいにくい





中にあわせるなら

夏→Tシャツ
冬→ニット
ノーネクタイのシャツ

ネクタイをするときは
ニットタイなどの
素材感あるものにする






また色によっては
くだけたイメージになるので
着ていくシーンを選びましょう!

オフィスで内勤のときや
もちろんカジュアルシーンなら
大活躍してくれます(^o^)

シーンを選ぶ装いではありますが
3つのポイントをおさえたら
ビジネスシーンでも使えることが
よくわかりました!

そこでイルサルトでは
ジャージースーツ用生地を
色々とイタリアから取り寄せ
いま展開をしています!

ぜひこのジャージースーツ
ためしてみてくださいね!!




末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。