トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年6月26日

フレッド・アステアのようにコンビシューズを履きこなそう!

vol. 5683   




ご注文いただいた
コンビの靴がしあがってきました

コンビの靴とは
2種類の革をつかった仕様

イルサルトの靴は
オーダーメイドで作りますので
革の種類も色も組みあわせは
いかようにもできるのです

このコンビの靴をただしくは
「スペクテーターシューズ」
とよびます




スペクテーターとは観覧者

そのむかし
競馬やテニスをみるのは紳士にとって
スポーツ観戦というより社交場

社交場へはやはり
ある程度きちんとした装いを
ということでがコンビ靴が
このんで履かれたのが名前の由来です

◆フレッド・アステア

コンビシューズといえば
フレッド・アステア



20世紀最高の
ファッションアイコン



と呼ばれ
ダンサーでもあり、俳優でもあった
フレッド・アステアは
タップダンスを美しく見せるため
コンビシューズを愛用したようです

ファッションリーダーであった
彼のスタイルをきっかけとして
コンビシューズは爆発的に
ひろがっていきました





タップダンスを
美しくみせるためには
足元を目立たせないといけません

通常のシューズにくらべると
かなり存在感がつよいのが
このコンビシューズです





だから履くときには
すこしだけ注意が必要です

コンビシューズを主役に
ほかをシンプルに!

コンビシューズを履くときには
チェック、ストライプ等の
柄がはいっていない無地をえらぶ

こうすることで
フレッド・アステアのように
足元が際立つようになるのです

BPTW5T FRED ASTAIRE ACTOR AND DANCER (1953)

メンズシューズのなかで
これだけ存在感のある靴は
ほかになかなかありません

ファッションを楽しむうえでは
最適の靴といえるコンビシューズ

お出かけのときにはくと
テンションがあがりますよーー

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。