トップへ
ブログロゴ

何を着るかで人生は変わる!! しぎはらひろ子先生のオススメ本

ボクには何人かの師匠と呼べる方がいます。

その中の1人,ファッション業界での仕事への考え方を180度変えて頂いた仕事の師匠がファッションプロデューサーのしぎはらひろ子先生なんです。

10633389_722637057815422_8148871676293234318_o

 

しぎはら先生はベストドレッサー賞の選考委員も務めたり色々なブランドを立ち上げ成功させているプロのファッションプロデューサー。

どうしてもセンスに頼ってしまいがちなファッションを全て明確な言語に変え,分かりやすく伝える能力は日本一だとボクは思っています。

何故貴方にその色を薦めるのか?その形を薦めるのか?をお似合いだからとかトレンドだからとかオシャレだからとかそう言ったコトバを一切使わずに,明確なコトバで伝える。
最初ご一緒させて頂いた時は衝撃的でした,と同時に自分が目指す仕事のスタイルはここにあるそう確信したんです。

しぎはら先生を繋いでくださったのはほめる達人こと西村貴好さんでした。

11988465_759856757457983_3611370144270083467_n

しぎはら先生はファッションのプロでありますが,同時にブランディングのプロです。
人生がときめく片付けの魔法のコンマリさんやノマドの安藤美冬さんなんかも,しぎはら先生が手がけられました。

そのブランディングの手法を一言で言えば”竹やぶのトラ”

トラとライオン戦ったらどっちが勝ちますか?

そう聞かれたら,多くの人はライオンと答えます。
でもトラがライオンに勝つ方法が一つある。

それはトラが自分のテリトリーである竹やぶで戦う事,自分のテリトリーであれば場所は知り尽くしているし罠をかけようと思ったらいくらでも掛けられる。

でもそれ以外の所では勝つ事が出来ません。

ビジネスに置き換えたら自分が何処で勝負をするか?
自分の勝てるジャンルはどこかを探しそのジャンルで第一人者になる事がブランディングで最も大切な事だと言う事なんです。

自分が何で第一人者になるかを考える上で自分が何が出来る人間なのか?何が得意なのか?まずもってどういう人間なのかを客観的に振り返る事が
すごく大切です。

自分は何者なのか?

サラリーマンをしている時はそんな事考えた事もありませんでした
でも今は毎日の様にそんな事を考えている。

生まれてきた以上何かの役割があるはずなんです。
でもその役割に気づかず,他人から望まれる人生を歩んでしまう,そんな方が非常に多い。

自分がどんな環境で育ってきたのか?
親からどんな影響を受けているのか?
何をしている時に喜びを感じるのか?

そんな事を考える事で自分らしい人生を歩む事ができる。
鴫原先生の言うブランディングって表層的な見せ方なんかじゃなく生き方そのものを見つける事だとボクは感じています。

何を着るかで人生は変わる

今回二冊目の本を鴫原先生は先日出版されました。発売数日で重版がかかったベストセラー本です。

写真 2015-09-13 13 42 44

センスよりもブランドよりも大切なこととは?

自分らしく充実した人生を送るために必要な事とは?

女性向けに書かれた本ですが,男性にもそのまま当てはまる事が沢山あります。

個人ブランドを確立して仕事で成果を出したい!

そんな方は是非この本を読んでみてくださいね!!!

◆何を着るかで人生は変わる

しぎはらひろ子著 三笠書房

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive