トップへ
ブログロゴ

ダブルを着るだけで経営者としての格が上がります!

この春夏イルサルトのオススメはダブル!

ダブルと言うと恰幅の良い人が着る物でしょ!とか何かバブルのニオイがする!など日本ではあまり良い印象はないのですが、本来ダブルと言うのは非常にドレッシーなものなのです。バブル時代の所謂ソフトスーツの印象をいまだに強く持っている方も多いのですが、本来ダブルと言うのはシングルスーツとサイズ感は変わらないものなのです。

ARY73240

いつもお世話になっている縫製工場の社長もこの通りダブルスーツをビシッと着ていらっしゃいます。

ダブルを薦める理由

男性のスーツで言えばスリーピースとこのダブルがドレッシーなスーツの双璧と言っても過言ではありません。またまだまだ着ている方が少ないので目立ちます、目立つと言うことは記憶から忘れられにくい。存在感を強く印象づけられるので自分ブランディングがカンタンに出来る、結果経営者としての格が上がります。これがダブルを薦める最大の理由です。

そしてダブルスーツを仕立てる際の注意点はサイズ感をシングルよりもやや小さくすること、大きなダブルスーツほど野暮ったいものはありません。ダブルは大きく着る物ではなくシングルスーツよりも若干小さいサイズで着る方がバランスは断然良くなります。

私自身もこの春夏シーズンは積極的にこのダブルスーツを着ています。

写真 2016-03-05 8 27 45 (1)

写真 2016-03-03 12 30 55

写真 2016-03-02 13 23 59

写真 2016-02-26 14 26 25

ダブルスーツにペイズリーネクタイ、これがこの春夏シーズンのマイブームです。以前にこのブログの中でも書きましたが、最近はきちんとスーツを着ることの出来る人がすごく減っているのでサイズの合ったスーツを着ているだけで目立ちます。

そんな中きちんとサイズの合ったダブルスーツはより目立ち、その存在感を印象づけてくれるのです!まだダブルスーツを着た事のない方は是非この春夏シーズンで挑戦してみてくださいね!

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive