トップへ
ブログロゴ

経営者が知っておくべき靴のお手入れ方法

最も酷使されているのは靴かもしれません

靴ほど日々酷使されているアイテムはありません。靴の立場にたって考えてみてください!何十キロもある体重を一日中支え,雨の日には汚され,足からの汗もどんどん出てくる。生まれ変わってなりたくないものの一位は靴かもしれません(笑)

靴は湿気を吸い,何十キロの体重を支えるので絶対に休養が必要なのです。湿気が抜け,形を元に戻すためには木製のシューキーパーを入れ,数日間休ませないといけません。だから間違っても毎日履いてはいけないのは靴なのです,履くのは週に1回にしてください,そして履き終わった靴は木製のシューキーパーを入れ休ませてあげて下さい。

a0117787_19513677

しかし実はこの靴が最も費用対効果が高く,きちんとケアされた靴は10年は軽く履く事が出来ますし,スーツ姿を格上げしてくれる効果もあります。そして定期的に磨いてあげる事です.普段は布で乾拭きするだけで十分ですが月に1回くらいは栄養クリームを塗りこんで下さい。この他にも色々なケア方法がありますが,まずはこれだけは最低限行う様にしてください。

靴を大切に扱うと何が変わるのか?

アフターケア方法は他にも色々あるのですがまずは最低限上記の事だけはするようにしてください。これをすると何が一番変わるのか?と言うと自分の意識です。もしかしたら今までは人に言われるまでシミや汚れは気が付かなかったのかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし靴を大切に扱い出すとちょっとした変化にもすぐに気づく様になり,より大切に扱うようになり,汚すことがだんだん無くなってきます。靴を大切に扱うことは自分を大切に扱うことに繋がり,貴方の所作がどんどん変わっていき,他人からの扱れ方にも大きな影響を及ぼし人生がよりよく好転していきます。

靴をそして自分を大切に扱ってあげて下さい!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長
『主役スーツ』 一度きりの人生という舞台で、主役を演じきる衣装を仕立てる、日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者,政治家,医師,作家,講演家,士業,芸能人,スポーツ選手に至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。 日本経済新聞社主催で経営者向けの着こなし術セミナーや,コラムも執筆。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive