トップへ
ブログロゴ

経営者は最低でも5万円以上の靴を履いてください!

何故靴に投資をするべきなのか?

例えば10万円持っていたとして,その10万円でスーツと靴を買ってきてください!そう言われたとしたらどうしますか?8万円くらいのスーツを買い、2万円くらいの靴を買う,多くの方はそんな配分なのではないでしょうか?

私が提案しているのは全く逆。仮に10万円持っていたとしたらスーツにかけるお金は2万円,靴に8万円投資してください!そんな風にお話をします。

意外に思われた方も多いと思いますが理由はカンタンで実は最も費用対効果が高いアイテムが靴だからなのです。いくら良いスーツを着ていたとしても靴がダメだとそのスーツ自体も良く見えません。逆にそれほどでもないスーツだとしても,靴が良いとそのスーツは価格以上に見えるものなのです。

C.130217.1

ホテルマンがそのお客様を見極めるときに最初に見るのが“靴”だそうです。イルサルトのスタッフの植木菜摘は前職は航空会社のキャビンアテンダントでした。彼女も同じことを言います。アップグレードして頂くのはきちんと磨かれた靴を履いている人からだそうです。

靴は質と価格が正比例している

何故ならきちんと磨かれた靴を履いているのは社会的立場が高い人間の証拠,足元を見るということわざもありますが,目立っていないようで非常に目立っているのが靴なのです。靴と言う字は“革を化けさせる”と書きます。この字の通り革を加工して出来上がるのが靴なのですが,靴は革そのものですので上質な革を使っている靴はそれなりの価格がしますので値段と品質が最も正比例しているアイテムが靴なのです。

私は靴マニアと言っても良いくらい靴が大好きで今までに100足以上の靴を履いてきました。今でも自宅の靴入れには40足以上の靴がありますが,それだけたくさんの靴を履いてきて分かったことがあります。それは靴にかけるお金は5万円以上にしないと,10年以上持つ上質な靴は手に入らないという事です。上質な革は磨けば磨くほど光沢が出てきて何とも言えない艶っぽい色になってきます。

写真 2015-09-09 17 16 1715年履いているアルティオリのローファー

年齢を重ね人間にも味が出てくるように時間をかけてじっくり熟成されていく,それが上質な革の特徴です。逆に上質ではない革は購入した時が一番綺麗でそこからいくら磨いても綺麗になる事はありません。

靴クリームを塗れば瞬間的には綺麗になりますが,少し時間がたてば元通り。綺麗な状態が長く続かないのが上質ではない革の特徴です。スーツの場合ですと価格と品質が正比例しているとは言い切れません。同じ生地,同じような仕様でも扱うブランドによってつけている価格は様々だからです。

しかし靴は違います,先ほども書いたように価格と品質が正比例しているアイテムですので会社の代表として相応しい外見を作るためにも最低5万円は靴に投資をするようにしてください!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive