トップへ
ブログロゴ

スーツを売るのがイルサルトの仕事ではありません。

小学校を卒業する息子とお揃いのスーツを着て,卒業式に出たい!海田力さんから昨年12月頃にそんなご連絡を頂きました。実は昨年私の息子が小学校に入学をしたのですが,その時に私と息子がお揃いのスーツを仕立てニューズレターで特集をしたのですがそれを海田さんが覚えて下さっていたのです。

yutaro

私の息子は小学校入学でしたので子供服の仕立てで十分でした。しかし小学校6年生ともなるとかなり体が大きくなりますので子供服の仕立てではなかなか対応が出来ません。とは言え,大人の仕立てでは大きすぎますのでサイズ的に非常に難しかったのです。

色々考えた結果大人の仕立てで極限まで小さくする方法を選びました。今まで挑戦した事のない未知のサイズ感でしたので,事前に海田さんには”上手く行くかどうか分からないので念のため既製服も候補として選んでおいてほしい”とお願いをしておきました。

私自身もかなり心配をしていたのですが,結果こんな風に素敵に仕上がりました!

海田哲平さん2

大人顔負けの素敵な着こなしです!そして先日卒業式当日,海田さんが素敵な写真を送ってくださいました。奥様からもこんな嬉しいメールを頂きました!

今日晴れて卒業の日を迎える事が出来ました!色々と有難うございます!子供や先生たちの間でも息子のスーツは評判でした。

17321765_1252810994835782_1775884965_n

この写真を見た時に嬉しくて涙が出ました。息子さんのスーツが綺麗に仕上がった事も勿論すごく嬉しいのですが,それ以上に自分の仕事を通して,ご家族の大切な思い出を作るお手伝いを出来た事が本当に嬉しかったのです。

師匠の藤村正宏先生はいつもこう仰います。”物を売るのでない,物を通した体験を売りなさい”

今回の海田さんのお仕立てを通して,やはり私の仕事はスーツを売る事でなないと改めて実感出来ました。今回は海田さんとその息子さんのお仕立てをさせて頂いたのですが,イルサルトに来られるお客様は経営者の方ばかりです。

経営者の方にスーツを売るのでなく,スーツを通してビジネスが上手く行くお手伝いをさせて頂いたり,経営者自身そして企業のブランド作りをお手伝いをさせて頂いたり,常に寄り添い後ろからそっと支える存在である事。

これがやはりイルサルトの役割なんだと又感じる事が出来ました。この軸をぶらさずにこれからも張り切って仕事をしていきたいと思います。海田力さん哲平さんどうも有難うございました!

 

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive