トップへ
ブログロゴ

イルサルトのプライスレスな価値とは何か?

半期に一度”イルサルトわくわく会議”と称し,スタッフ全員で半期の振り返りと次の半期具体的にどう行動をしていくのか?の話し合いの時間を持つようにしています。より良いアイデアを出す為に場所もリッツカールトンやセントレジスなどサロンではない場所で開催し,一日の中で場所も変えてじっくりと話し合うイルサルトにとって非常に大切な時間です。

16299235_1274826322596490_7120206197699343488_n

先週土曜日がそのわくわく会議の日でした。今回も色々なお話をしたのですが,大きなテーマは”イルサルトとしてプライスレスな価値をどうお届けするのか?というものでした。

物も情報も十分に行き渡り,安く買おうと思えばいくらでも安く買える。又買わなくてもさほど困る事もありません。アマゾンやゾゾタウンで買えばすぐに自宅に届く,ネットで服の販売をするのは難しいと言われていた時代もありましたが今ではすっかり当たり前になってしまいました。アパレル業界全体で言えば壊滅的な状況が続いています。

服屋であると言う認識を捨てる

そんな時代にスーツを取り扱う者としてどうすれば良いのか?私の答えは”服屋であると言う認識を捨てる”と言う事です。自分の事を服屋さん,スーツ屋さんだと思った瞬間に物売りになってしまいなかなかそこから脱却する事が出来ません。大切なのは自分は服を通して何をしている人なのか?何を届けている人なのかを明確に持ち,行動し続け,如何にプライスレスな価値をお届けできるのか?が重要であると私は考えています。

イルサルトは日本で唯一の経営者専門のスーツ仕立て屋であり,経営者にとってスーツは企業ブランドや自分ブランドを創り出す最大のメディアである。仕立て上げるのは服だけではなく,経営者自身の生き方をも仕立て上げる。お客様に寄り添い,共に更に大きなエネルギーや価値を共創する。これがイルサルトのお届けしたい根幹的な価値です。

この為には私自身が経営者としてもっと成長する必要がありますし,様々な事を学ぶ必要があります。

又経営者には服を着ると言う概念ではなく,経営理念をも身に纏うと言う考え方を持って頂く事で更に事業が発展する事,この軸に沿った発信を継続していく事,そしてその上でお客様に喜んで頂いたり,必要として頂ける様に何をしたら良いのか?をこれからも追求していきたいと思っています。

一日の会議の中で池田,植木の2人からも素晴らしいアイデアが沢山出てきました。スタッフが2人とも非常に優秀で会社の事を真剣に考えてくれています,こうした環境で仕事をさせて頂いている私は本当に幸せ者です。考えるだけではなく,考えながら実践し続ける。一日の会議の中で出たアイデアを具現化していきたいと思います。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive