トップへ
ブログロゴ

イルサルトに来られる”美しく稼ぐ経営者”から教えて頂いた事

私の正直な気持ち

アパレル業界を良くしたい!日本を元気にしたい!正直言うとこうした気持ちは私にはあまりありません。創業してまだ10年足らず,まだまだやるべき事も沢山ある中で,業界を変えてやる!みたいな事を言うのはこの業界の諸先輩方の今までの頑張りを冒涜したり,業界自体を甘く見ているのではないかと私は感じてしまうのです。

又日本を元気にしたい!と言うのも同様の理由で私はあまり考えた事はありません。

勿論アパレル業界が良くなればいいと思いますし,日本も元気になる方が良いとは思っています。しかし最初からそれが目的で仕事をするのではなくて,私が自分に出来る事を愚直にやり続けた結果アパレル業界が良くなったり,日本が元気になる一つの要因になればいいのではないかと私は考えています。

美しく稼ぐ経営者は

これはイルサルトに来られる経営者の方と接していて感じるようになった事なのです。イルサルトにお越し下さる美しく稼ぐ経営者の方を見ていると,幸せの輪が自分からどんどん広がっているイメージなのです。

まずは自分が幸せになり,家族が幸せになり,スタッフが幸せになり,お客様が幸せになり,取引先様が幸せになり,結果その幸せの輪が広がり社会が幸せになっていく,そんなイメージです。

児林健太さん

自分を大切にして幸せに出来る人がスタッフを大切に想い幸せにする事が出来る。まずは自分自身を含めた,身近な人から幸せにしていこうと考えてよいと私は思うのです。

仕事を通して社会を良くしよう!と言ってもなかなか具体的な行動は思いつかないのですが,仕事を通してまずは自分が楽しもう!と考えたらすぐに出来る事をいくらでも思いつく事が出来ます。

イルサルトを立ち上げた原動力

イルサルトを立ち上げた時もそうでした,マーケティングコンサルタント藤村正宏先生との出会いからイルサルトは誕生したのですが,一番最初は”世の中を良くしよう”といったものではなく,”自分が好きな事”をして自分の人生を楽しくしようという一心でした。

exma 043

そこから始まったイルサルトなのですが,とにかく自分に出来る事を愚直に継続し続けた結果だんだんと社会性のある価値を届ける事が出来るかもしれないと思える様になってきました。

イルサルトの立ち位置とは

一人一人のお客様と真剣に対峙し,本来お持ちの価値が伝わる装いを提案する事でより充実した仕事が出来る様になり,そういった方が増える事で結果的に社会を良くする一つの力になりえるのではないかと言う事です。

又アパレル業界に関しても同じです,私が頑張る事で仕立て屋さんを目指す人が生まれたり,工房に仕事を沢山お願いする事で結果的に業界の活性化が出来る,そう考えています。

写真 2017-08-31 14 43 47

これからも自分の軸や立場をぶらす事なく,自分に出来る事成すべき事を愚直に継続していきたいと思います。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive