トップへ
ブログロゴ

弁護士 向井大輔さん,大博鋼業株式会社 山口毅さんを紹介させて下さい!

私の大好きなこのコーナー,今日は3名の素敵なお客様を紹介させて下さい!

【弁護士 向井大輔さん】

向井大輔さん3日本を代表する大手弁護士事務所”弁護士法人淀屋橋・山上合同”に勤務をされた後,みなと神戸法律事務所を立ち上げられ,神戸を中心に企業,事業者向けから個人に至るまで幅広い案件のお取り扱いをされています。

元同僚の弁護士のお客様からご紹介を頂き,向井さんとのご縁が繋がったのですが,最初にお会いした時に非常に印象的だったのが一瞬で場の雰囲気や空気を柔らかく,そして明るくする向井さんのお人柄です。非常に人懐っこく,柔和な雰囲気が持ち味の向井さん,初めて会ったとは思えないほど話しやすく私自身も楽しくお話をさせて頂く事が出来ました。

向井さんがお仕事上大切にされているのが説明力,共感力,機動力の三つの力なのですが,私の感じた”居心地の良さ”はこの”共感力”が非常に高いからなのではないか,お仕事をされる時もこの”共感力”でお客様の本音を引き出し,適切な対処方法をご提案されているのではないかと感じます。

そんな向井さんには,柔和な印象を更に引き立たせる優しい色目のネイビーのスーツをお仕立て頂きこんな風に素敵に仕上がりました!向井さんどうも有難うございました!

【大博鋼業株式会社 代表取締役 山口毅さん】

山口毅さん5

主に自動車・建設機械などの部品に使用されるシャフトの卸販売として昭和21年の創業以来安定した成長を続けられ,今では業界トップクラスの地位を誇る会社を継承された山口社長。社長就任後に最も変化があったのが,社員さんの山口さんへの接し方でした。

山口さん自身は何も変わっていないと思っていても,立場が変わることで社員さんは”社長”として接される事に少し違和感を感じられた山口さん。社員さんとの距離を近く,コミュニケーションを何よりも大切にされている山口さんが,その想いがより伝わる様にしたいとイルサルトにお越し下さいました。

そこでスーツよりはカジュアルになりますが,”寄り添う姿勢”を印象付ける事の出来るジャケットパンツスタイルをご提案させて頂きました。今回のポイントはジャケットだけでなくベストも一緒に仕立てる事で社長としての存在感は残しながらも明るめの色のジャケットパンツスタイルにする事で”堅苦しさ”を軽減させる事です。

実は今回のお仕立てが三着目の山口さん。一着目は社長就任の際に挨拶をする時用の装い,二着目はゴルフに行かれる時のカジュアルジャケット
そして今回が三着です。その都度都度できちんと”装いのテーマ”を決めていらっしゃる山口さんの意識の高さに私も今回勉強をさせて頂きました。山口さんご用命下さりどうも有難うございました!

次回はどんな素敵なお客様が登場するのか?楽しみにしておいてくださいね!

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive