トップへ
ブログロゴ

これを食べるためにナポリに来ていると言っても過言ではありません

夜23時に
ナポリ空港に無事到着!

写真 2018-06-10 23 35 25

着くと人だかりが出来ている
荷札を見ると『ローマ』行き


『ローマ』行きの荷物が
『ナポリ』に大量にある


まずい・・・・
嫌な予感がすると思ったら
新谷泰子さんの荷物が


ロストバゲージ。。



◆波乱のスタート


※ 治安の悪いナポリ
※ 時間帯は夜中
※ 色々な人のいる空港


やばい条件が更に揃い踏み。。

 『流しの』タクシー
 に乗るのは危険すぎる

 Uberも
 イタリアでは使えない


安全を考え,送迎車を
知り合いに頼みました

写真 2018-06-11 0 03 28

しかしこの方が
全然『道を知らない』


東洋から来た日本人に
『右ちゃう!左やで!』
とか言われるナポリ人(笑)

30分ほどで着くところ
約1時間かかりようやく到着



◆やはり美しいナポリ!



疲れていたのか一瞬で爆睡・・・

そして翌朝の朝食
ホテルからの眺め!

DSC_4636

最高に美しい景色!!
何回来てもナポリは
素晴らしいですね~~


初日の予定は
「ナポリ市内」視察

私以外は初ナポリ
まずは『ナポリの全貌』を
感じてもらおう!

そう考え
ナポリ在住のこの方に
案内をお願いしました



◆ナポリで演劇を学ぶ若者



ナポリ大学で
『演劇』を学ぶ神宮一樹さん

3年前ナポリに来た際
案内をお願いしたのがご縁で
ナポリに来るたびに
食事させて頂いています

DSC_4650

 最初お会いした時は
 『日本人』だった神宮さん

 どんどん現地化し
 『ナポリ人』化が
 とまりません(笑)


今回リクエストしたのは
日本人がいかない
『ディープな』ナポリ



◆東洋人の少ないナポリ



イタリア観光と言うと

 ※ ミラノ
 ※ ローマ
 ※ フィレンツエ
 ※ ヴェネツィア

が四大人気都市


DSC_1645

ナポリは
イタリア第3の街ですが

 ※ 遠い
 ※ 治安が悪い


と言う理由から
日本人を始めとする
東洋人をあまり見かけません



◆ナポリの歴史



朝ホテルを出発し
まずは『旧市街地』 ギリシャの植民都市として
 作られたのがナポリの始まり

 当時の街の名前は
 ネアポリス(Neapolis)
 ”新しい街”という意味です


DSC_4682

そこからナポリは
色々な国の支配下に入ります


 ※ ギリシャ
 ※ ローマ帝国
 ※ ノルマン
 ※ スペイン


こうして様々な文化を吸収し
歴史の跡を証明する地区は
街ごと『ユネスコ世界遺産』
に登録されています

DSC_4755


◆Ristorante Dadora


ナポリと言えば『シーフード』
シーフードと言えば『ダドーラ』

このお店に来るために
ナポリに来ていると言っても
過言ではありません(笑)


DSC_4822

DSC_4824

DSC_4830

DSC_4832

DSC_4836
安定の美味しさで
今回も大満足でした!


仕立て屋らしく明日は
『ファッション』について
書きたいと思います!

今からホテルに帰って寝ます
おやすみなさい!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive