トップへ
ブログロゴ

イルサルトの力を最も必要とされる方とは?

昨日は勉強の1日

板坂裕治郎さんのセミナーを
名古屋で受講してきました


 今学んでいるのが
 『NJE理論』


NJE理論とは
板坂さんが開発した
ブログを書く『技術』

36378300_2000682333309215_636549414948700160_o
板坂さんのFacebookページより



 自分の言いたいことでなく
 如何に『相手視点』に立ち
 伝えることが出来るのか?


これがNJE理論の肝です



◆NJE理論による変化



ブログ自体は
8年程毎日書いてきました

1日3回更新を
2年続けた時期もあり
今までに書いた記事数は
『4582回』になります


しかしNJE理論で
約2ヵ月書くことで
色々な事が進化しています

最も進化したのは


 自分の
 『役割』

 何が出来る
 『仕立て屋』なのか?


が非常に明確になった事です



◆イルサルトの役割



イルサルトは


 日本で唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋

 スーツを通し
 お客様のブランド力を上げる
 お手伝いをすること


これがミッションであり
事業コンセプトです


H

また経営者の中でも
”中小企業経営者”が
メインのお客様です



◆中小企業とは?



ただこの『中小企業』
と言うのがかなり広い


社員数300名以下


が中小企業の定義ですが
この定義を満たす会社は


日本の会社数の『99.7%』


企業のほとんどが
『中小企業』に分類される


それが日本なのです



◆誰のお役立ちをするのか?



日本の殆どを占める
中小企業経営者全員に
お役立ち出来るのか?

というと
答えはNOです


多くの中小企業経営者の中で
最もお役立ち出来るのは


 ※ 社員数50名以下

 ※ 普段着では仕事が出来ない

 ※ 個人事業主

 ※ 士業

 ※ 講演家

 ※ 医師

 ※ 政治家

 ※ コンサルタント

 ※ ライフプランナー


に当てはまる方々です



◆存在意義を明確にする



何故なら
こうした方々の共通点は


 自分ブランドの確立が
 成果に直結する


ところにあるからです


牧尚人さん3
弁護士 牧尚人さん


また多くの場合


 モノではなく
 サービスを売っているので
 違いが分かりにくい


ので『強力な存在理由』
が必要な方々です



◆商売繫盛の鉄則



 同業他社との
 『違い』を鮮明にし

 〇と言えば〇と
 一番に思い出される存在



こうしたことが
『商売繁盛』する上で
最も大切な方

こんな方がイルサルトの力を
最も必要とされる方なのです



◆スーツに込めているもの



ただ単に
スーツを作るのでなく


『経営理念』
 を身に纏い

『価値が伝わる』
 ことで記憶に刻み込む


この2つを
スーツに込めています


立石さん5
パーソナルブランド協会 立石剛さん



◆変化するお客様の声



お客様からお聞かせ頂く
嬉しいお声も
変化をしてきています


以前は



 服装の悩みがなくなり
 自分に自信がついた


 どこで誰に会っても
 恥ずかしくない装いが
 手に入った

 
と言ったものが
多かったのですが

西村博さん
ほめる子育てアドバイザー西村博さん



 ブランド力が上がり
 記憶に残る存在になった


 同業他社との違いが
 明確になった


 生きる軸が
 はっきりした



こうしたお声も頂くように
変化をしてきました


イルサルトの価値を
必要とされている方に
きちんと届ける


この為に使命感を持ち
ブログを書き続けていきます
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive