トップへ
ブログロゴ

『ブラックタイ着用』と指定があったら,黒いネクタイをしてはいけません





先日お客様が
とあるパーティに
ご招待されました



ブラックタイ着用



と招待状に
明記されていた様です


 この場合
 いったいどんな装いで
 行けばよいのでしょうか?




◆ブラックタイとは?




ブラックタイとは


 黒いネクタイの事でなく
 黒のボウタイ(蝶ネクタイ)


の事を指します



寺田信彦さん


黒ボウタイを着用する装いは



 イギリスでは『ディナースーツ』
 アメリカでは『タキシード』



と呼ばれる

夜間の祝儀専用の
フォーマルウエアの事です



ですので


 ブラックタイと明記の場合
 ディナースーツ(タキシード)
 を着用する事が指定されている


と言う意味になります




◆特徴的なディナースーツ




ディナースーツ(タキシード)
は仕様が特徴的です

ジャケット,パンツ共に


 黒または
 ミッドナイトブルー


の生地が使われ



堀田憲一さん5

 ジャケット襟には拝絹
 パンツの脇には側章

が付いています


これらは全て
燕尾服が簡略されたものです




◆ブラックタイと呼ばれる理由




 『黒の蝶ネクタイ』
 を必ずすることから

 この装い自体が
 『ブラックタイ』と
 呼ばれているのです



本来は
夜の第一礼装は燕尾服ですが
事実上存在しない装いなので
ディナースーツ(タキシード)
が夜の第一礼装になります


このブラックタイには
着こなす上での
『ルール』が存在します




◆ブラックタイのルール





 1)
 カマーバンドかベストを着用


 2)
 パンツの裾口はシングル


 3)
 サスペンダーを使う


 4)
 シャツは通常襟でも
 ウイングカラーでも
 どちらでも可


 5)
 ネクタイはボウタイ
 基本的には黒の蝶ネクタイ


 6)
 靴はエナメル素材

 女性の長いドレスの裾を
 靴墨で汚さない様に
 と言う配慮から


 7)
 白のシルクのポケットチーフ


KOU_4352


◆フォーマルウエアを着る理由




フォーマルウエアを着る
唯一無二の理由は



 正しい装いをして
 周囲の人々に
 不快感を与えない

 失礼な装いで
 正式な会合や式典に臨まない



決して自分の
お洒落の為ではありません


山田俊輔さん6


是非フォーマルの
正しい着こなしの知識を
つけていきましょう!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive