トップへ
ブログロゴ

好きなことで食べていくための『3条件』





最近感じるのですが

毎日仕事をしている
社会人はすごいなと・・(笑)


 その仕事が
 好きでも好きでなくても
 毎日仕事をしている


これはすごい事なのでは!
と思い始めてきました




◆サラリーマン,跡継ぎ,起業




社会人になって
23年ほどになります

今までに私は
3種類の仕事を
してきました



 10年間 勤め人
 4年間 跡継ぎ
 9年間 起業経営者


AIRY7691
起業した年に生まれた息子
も今年9歳です!




勤め人として
かなり長く働いた感覚
があるのですが


 起業経営者として
 働いた時間がほぼ同じ


時間の過ぎ方が全然違いますね




◆仕事は仕事




勤め人の時や跡継ぎの時は
仕事が好きかどうかは
さほど考えた事もなく

それが重要な事だとは
あまり思いませんでした



 仕事とは
 生活する為の手段

 仕事は仕事



そんな感覚を
強く持っていました




◆末廣さんは何が好きなの?




起業するキッカケは
マーケティングコンサルタント
藤村正宏先生との出会い


exma 043


 藤村先生に何回も聞かれたのは


 ”末廣さんは何が好きなの?”



好きと仕事は別
好きを仕事に取り入れると
冷静な判断が出来なくなる


そう考えていた私は
好きと仕事が繋がるとは
到底思えませんでした


しかし今


 好きから始まった仕事が
 人生そのものと思えるほどに
 変化をしてきました




◆好きの持つパワー




好きのパワーは凄い


 好きな事だから
 努力を努力だと思わないし

 失敗も失敗だと思わず
 何回でもやり直せます


今はそんな風に感じています


 しかし闇雲に
 起業を勧める気持ちは
 全くありません

 自分で事業を起こすのは
 もちろん魅力もありますが
 色々なリスクも
 同時に存在します




◆好きを見極める




 好きの『レベル』が
 どれくらいのものか?

 好きの『本質』が
 どこにあるのか?

 好きで食べていくと
 『決める』


205-H_SM3045

この3つを見極めないと
好きで始めた事も
上手くいきません



 大抵の場合
 本当に好きな事や物は
 他人にうまく説明出来ません

 なぜ好きなの?
 と聞かれても
 上手く答えられない




◆本当の好きとは?




「なぜあの人が好きなの?」

「お金持ちだから」

というようなやりとりでは
わかりやすいのですが


 説明可能な
 わかりやすい『好き』


 は何かを生み出す力には
 なりえないのです



 本当の好きは

 それがなくなったら
 生きていけないくらいの好き

 本当の好き=使命(ミッション)


なのではないかと思います




◆好きの本質を見極める




そしてもう1つは
好きの本質を見極めること



服を『着る』のが好き?

服を『作る』のが好き?

服を『見る』のが好き?

服を『教える』のが好き?



何が好きなのか?によって
選ぶ仕事は違うはずです


TER_3824


 着るのが好きなら『販売員』

 作るのが好きなら『デザイナー』

 見るのが好きなら『編集者』

 教えるのが好きなら『評論家』




どんな対象に
何を伝えるのが好きかで
方向性が決まります




◆決める




そして最後に

好きで食べていくと決める



好きを見つけ
好きの本質に気づいたら


食べていく覚悟を決めて
その道のプロを目指すこと



 ブランドをうちたてる意味でも

 "何でもやっている人"より
 ”◯◯一筋の人”の方が

 周囲に覚えてもらえるものです




◆私の好きとは?




服を着るのも見るのも
大好きな私ですが
その本質は


 人が変化していく姿
 を見るのが大好き


これは
私自身の経験からなのですが
服に苦しめられた過去が
私にはあるのです


21



◆服の持つパワー




しかし最悪の状況から
救ってくれたのも『服』でした



 服が変わることで
 人生が大きく変わることを
 私自身が体感しました


 自分が服で救われたように
 服を通してお客様の人生が
 より輝くお手伝いをしたい


そういった意味で


 人が変化する姿を
 見るのが大好き


なのです


写真 2017-02-03 12 43 31

お客様に喜んで頂く事で
自分の存在意義を確認し
更に『好き』が
深まっていきました




◆好きな事で食べていくために




好きなことで食べていくのは
十分に可能なことです


その上では
私の体感した3条件



 好きのレベルが
 どれくらいか?

 好きの本質が
 どこにあるか?

 好きで食べていく
 と決める



を考えてみてください

1回しかない人生
好きな事を思い切りやりましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive