トップへ
ブログロゴ

『品の良い紳士』そんな印象を与える生地が入荷しました!



季節が
夏から秋に変わる9月

イルサルトでも
『秋冬物』の御注文を
多く頂く時期になりました


写真 2018-07-10 7 39 10



スーツには大きく


※春夏物
※秋冬物


の2種類があります



そこから更に分けると


※春物
※夏物
※秋物
※冬物


の4種類に分かれます

ちなみに私は
春夏秋冬の年4回
衣替えをしています




◆春夏,秋冬の違い




そもそも
春夏物と秋冬物の違いが
何かよく分からない!

そんな風も思われる方も
多いかと思いますが



 春夏物と秋冬物の
 1番の違いは『生地の厚み』


 ”服を着る”という行為の
 最も基本的な役割は


 暑いときは涼しく
 寒いときは暖かく


 という体温調整です



◆季節に応じた服を着る




このことから
春夏物の生地は
秋冬物に比べ『軽く薄い』
という特徴があります


樽本哲さん2


 一般的には
 春夏物を着るのは『3~9月』

 秋冬物を着るのは『10~2月』


頃と考えてもらえたら
間違いありません


年中同じような素材感の
スーツを着る人もいますが



 春夏に秋冬スーツを着ると
 非常に暑苦しく
 野暮ったい印象を
 与えてしまうものなのです

 変化を読めていない人
 と言う印象も与えてしまいます

 秋冬に春夏物を着ると
 逆の事が起こります




◆季節感を纏う大きなメリット




季節に応じた素材を着る



 これを意識するだけで
 服を着るのが楽しくなり

 自分自身に敏感である事で
 色々な変化にも気づく事が
 出来るようになるのです



そして気温が下がる
これからの季節は


体温の低下を防ぎ
暖かみを感じさせる生地


がオススメです




◆冬のオススメ生地




色々ある冬生地の中で
オススメなのが『フランネル』


写真 2018-08-22 12 40 42


 フランネルとは
 フェルトの様な少し分厚めの
 柔らかい生地のこと



 私も冬には愛用している

 『軽く柔らかく暖かい』

 と言う三拍子揃った
 優れものなのです



このフランネルを着る事で



 柔和
 紳士的
 優美
 上品



と言ったメッセージが
より伝わりやすくなります


イルサルトでも
非常に人気ある生地で
今年のイタリア出張でも
様々なフランネル生地を
買い付けてきました!



◆秋冬準備に入りましょう!



特に今年は
フランネルの当たり年!


※無地
※ストライプ
※チェック


写真 2018-08-30 10 53 07

写真 2018-08-30 10 52 30

写真 2018-08-30 10 51 27写真 2018-08-30 10 51 00

など様々な種類のフランネルを
ご用意しております!



ただ・・・・
いつも通りなのですが

『1つの生地は1着のみ』

の入荷になります


今ご注文下さると
仕上がりは約1か月後で
秋冬物スタートに
丁度間に合います!

まだ暑い日は続きますが
秋冬の準備をしていきましょう!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive