トップへ
ブログロゴ

男性経営者への『ネクタイ』のプレゼントはお薦め出来ません




vol.4747



こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



装いを通し
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います





◆息子のクリスマスプレゼント





毎年サンタさんに
プレゼントをお願いする息子

今年のお願いは
何かと思ったら・・・・




IMG_3367


↑↑↑
昨年は10枚で満足していた
ポケモンカードが
たった1年で10倍に増加!




 さすがに10倍は・・
 と息子も思ったのか

 できれば

 とちゃんと書いてある(笑)




サンタさんが
どういった判断をするのか?

これから見ものですね(^^♪





◆何をプレゼントするのか?





プレゼントって
なかなか難しいですよね


欲しいものが
明確であればいいのですが
そうでない場合も多い

特に男性へのプレゼントは
難しいと感じる女性は
多いのではないでしょうか?



Exif_JPEG_PICTURE


 女性からのプレゼントで

 失敗する確率が
 極めて高いのが『ネクタイ』



 ネクタイだけ浮いている・・



 そう感じる時はたいがい
 女性からのプレゼントです





◆ネクタイ選びが失敗する理由





女性から
プレゼントされるネクタイは
何故高い確率で失敗するのか?




 と言うと
 選ぶ基準が『可愛い』
 にあるからなのです

 特にお嬢様が選ぶ場合は
 その傾向が強くなります




しかし『可愛い』ことで
得をする男性は
さほど多くありません



写真 2018-04-09 14 04 04



 ブランディングを考える上で
 ネクタイは非常に重要です


 自分が発するメッセージと
 ネクタイの色柄が一致すれば
 よりそのメッセージは
 伝わりやすくなるからです




例えば『信頼』を伝えたい時
ピンクのネクタイをすると
そのメッセージは残念ながら
伝わりにくくなります





◆日大アメフト事件から考える





日大アメフト部事件で
内田正人元監督が叩かれ


『謝罪会見にピンクネクタイ』


も批判の的になりました



eabdf_1110_20180519-170305-1-0000
出展元 NNNニュース





謝罪と言う場面に
ピンク色のネクタイが
全く相応しくなく
常識がなってない



と言う事なのですが




 ピンク色のネクタイは
 謝罪時にあわない

 は誰も今までに
 教えてくれなかったはず

 何となく
 そう思っている人が多いだけ




でも叩かれる要因に
なってしまったのは

『色が伝えるメッセージ』

が共通だと言うのを
示しているのです





◆経営者にお薦めなのは?





経営者には
それぞれ想いがあり
想いが伝わりやすい色の
ネクタイを選ぶ

これが非常に大切です



お勤めの方なら別ですが


経営者にネクタイを
プレゼントするのは
お薦め出来ません



私が考える
男性へのプレゼントベスト3
と言えば



迚ゥ謦ョ繧・20181106ilsarto-48



 1)マフラー
 2)ソックス
 3)ハンカチ




何故ならこの3つは



 重要なアイテムなのに
 気を配る方が少ない

 可愛いで選んでも
 問題がないので
 女性にも選びやすい

 ※ソックスだけは注意





◆プレゼントの選び方





マフラー
ソックス
ハンカチ


どれもビームスなどの
セレクトショップに行けば
買う事が出来ます



main_Niz0Me


 マフラーは
 15,000~25,000円

 ソックスは
 1,500~3,000円

 ※色は紺,黒,茶の無地で
  ビジネス用のソックス

 ハンカチは
 1,000~2,000円




でそれなりのものを
買うことが出来ます!

クリスマスも近づいていて
プレゼントをお考えの方は
是非参考にして下さいね!


写真 2017-12-20 13 39 04

勿論イルサルトでも
プレゼントに最適な
マフラー,ストールは各種
取り扱っております!!

以上最後は
宣伝で締めさせて頂きます(笑)
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive