トップへ
ブログロゴ

”海外に行く時は出来るだけ荷物を預けない”これが鉄則です!




vol.4785




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います





◆フィレンツエに着けない






無事にアムステルダムに到着
フィレンツエ行きの便を
ラウンジで待っていると。。。


This flight is canceled


と言うアナウンスが。。。。


DSC_7110

でも掲示板には何も出ない

何が起きたのか?と思い
カウンターで確認すると



フィレンツエ行きは
天候不良でキャンセル


到着出来ないことが
確定しました。。。






◆荒れる冬のヨーロッパ






今回でイタリア出張は
10回目になるのですが
色々な事がありました





 荷物紛失

 到着空港変更

 ストライキで欠航

 オーバーブッキング

 天候不良欠航

 突然時間変更

 突然ゲート変更




DSC_7112

日本の場合であれば
アナウンスが何回も流れ
担当の方が親切丁寧な対応を
してくださいます

しかし海外に出れば全て自分
日本が如何に親切なのか?
がよく分かりますね・・






◆預け入れ荷物の極意





中でも
気を付けるようになったのが
預け入れる荷物です

身軽で搭乗したいので
以前は預け入れ荷物の中に
何でも入れていました



 コート
 車の鍵
 パソコンの電源




などなど

もし今回コートを預けてたら
死んでましたね・・・・



IMG_1879
↑↑↑
前回はロストバゲージ
荷物と再会した瞬間(笑)



紛失してもいいもの
だけしか預けない


これが鉄則です






◆荷物を預けるリスク






荷物を預けると言うのは
ある意味リスクなのです




 開けられる
 無くなる
 盗られる
 汚れる
 壊れる
 



日本では考えられない事が
海外では普通に起こります



写真 2018-01-09 15 40 45


自分の身は自分で守るため
大切な物は『機内持ち込み』
するようにしましょう!







◆必ず持っておくもの






そして




1日分の下着と着替えも
必ずもっておくこと




昨年1月は
荷物が全く到着せず
毎日下着をホテルで
洗っていました・・・



E64763B9-68A9-428C-A1AD-A84D4BB37CC6


荷物が増えるので
機内持ち込み用の
バッグを1個持っておくと
非常に便利です




大雨が降っている時
中身が濡れる時もあるので


預ける荷物の中身は
『袋に』入れておく


ここまですると
カンペキです!






◆備えあれば患いなし






今までの教訓を生かし


※ 一泊分の着替え
※ 仕事で必要な物全て


は全て持込んでいたので
困る事はありませんでした



DSC_7103



関空
⇒アムステルダム
⇒フィレンツエ

と約20時間で着くはずが



DSC_7109


関空
⇒アムステルダム足止め
⇒何故かチューリッヒ
⇒フィレンツエ

と約60時間も
かかってしまいました


明日にはロンドンに向けて
出発です・・・

フィレンツエは1日だけですが
しっかりと仕事します!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive