トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2020年12月16日

ブログを毎日書けないのはこれが原因です。

vol. 5491  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆書くことがない・・・

ブログを毎日書いて
10年近くになりますが
いまだに書くのは
一向にラクになりません・・・

それだけ書いていれば
チョチョっと書けるでしょ!
とか言われるのですが
ぜんぜんそんな事はないのです・・・






今日もネタが思い浮かばず
朝からPCの前でフリーズ・・
どうしたらいいのでしょう・・・






ブログが書きやすい時は
なにか題材になるニュースが
あったとき

最近でいえば

渡部さん謝罪会見

バイデン氏勝利

ショーン・コネリーさん死去

こうしたニュースから
自分の分野に話を展開しやすい

でも何もニュースがない時
そして何も浮かばない時が
1番困ってしまいます・・・

◆書くことがないのが意味するもの

でもブログを書いていて
分かったことがあります




それは
何も浮かばないときは
考えて仕事していないとき・・・

あまり考えず
入荷や事務処理をしている時
はブログネタに困ります




あれやこれや
しっかり考えている時は
ブログネタには困りません

そんな事を書いていると
コンサルタント千田さんの
メルマガを思い出しました

要は
書くことがないってことは

発信できるだけの
インプットをしてないだけ






インプットってのは、

本を読んだり
セミナーを受けたりという
わかりやすい学びだけでなく

日常の些細なことや
何気ないニュースを
見ている時にも
おこなわれています。




その中から
重要なことを抜き出し
経営に結び付け

有益な情報として発信
ですから





インプットの質が低いと
質の高いアウトプットは
できません。





ただ、自分が普段の生活で
きっちりとアンテナを立てて
インプットできてるかって
自分でわかります(笑)?

あからさまに
サボっているならまだしも

日々の仕事に
懸命に取り組んでいると
サボっている感覚なんて
ある訳がないですよね。






ところが、実際には
目の前の仕事を
頑張っているつもりが

目先の仕事を
ただこなしているだけに
なっていることって
珍しくありません。


ですから

僕にとって
情報発信ってのは、



自分自身が
日々アンテナを張って
質の高いインプットが
できているかどうかを
確認するための
指標でもあるんですよね





自分の状態を
確認するという
意味合いでも

情報発信に取り組むのは
非常にオススメですよ!

いやーー
まさにそのとおり・・・

インプットした以上の
アウトプットは出来ません

ブログを書けるかどうかで
自分の状態がわかりますね

そういう意味でいえば
今日の私は最悪・・・・
明日からがんばります!



末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。